SiteMap

お墓じまいした後の遺骨について

お墓じまいをするときには、遺骨というものは手元に変換されるわけではありますが、この遺骨というのは貰った後にどのようなルートをたどるのでしょうか?まず、多いのはお寺に永代供養や公営墓地への改葬合祀といった感じでまとめて管理しているところに行くというケースです。これらのケースですと、基本的に管理費用がかかりませんので、遺骨を安全におさめることができますので多くの方がこの方法を選んでいます。
色々なお寺で受け入れを行っていますが、故人が仏教を重んじているようなことがあるのなら、できれば菩提寺に供養をしてもらったほうがいいでしょう。また、近年で多いケースといえば海などに遺骨を散骨するというケースです。故人が生前にそのようなことを臨んでいるようなことなどといった理由や、近年の遺骨の処理の多様化により散骨という手法も増えてきており、永代供養などと並んで人気のある遺骨の処理方法であります。
その他には、納骨堂というところに遺骨を納めるようなこともあれば、少数ですが遺族の方が自分で遺骨を管理するというようなことがあります。いずれも管理面ではお金がかかりませんので、遺族の方で話し合ってどのような管理をするのかをしっかりと話し合ってからお墓じまい後の遺骨の管理をしましょう。

Update Post